TOP >> 尼崎モーターがお伝えしたいこと 修理と車検にお時間をいただく理由
  • 修理と車検の専門店 尼崎モーター 7つの安心
  • ディーラーと同格の設備と機器 ディーラーと同格の設備と機器
  • 整備箇所に6ヵ月または1万キロまでの保証 整備箇所に6ヵ月または1万キロまでの保証
  • リサイクルパーツや中古部品も取扱しています 費用を抑えた整備をご提案
  • 最新コンピューターでの故障箇所の診断 故障診断機最新式を導入
  • 修理期間中に無料貸出し多種類10台ございます サービス代車無料貸出し
  • 当社整備士ご紹介
  • 尼崎モーターご紹介
  • 修理と車検の専門店 尼崎モーター
  • 〒660-0881
    兵庫県尼崎市昭和通1丁目9-47
    06-6482-1141
    FAX : 06-6482-4859
  • 会社概要
  • アクセスマップ
尼崎の情報誌 南部再生に掲載されました!
exciteブログ

尼崎モーターがお伝えしたいこと 修理と車検にお時間をいただく理由

誰のためのスピードと効率化?
「いったい誰のためのスピードと効率化なんだろう?」
皆さま、はじめまして、尼崎モーター四代目社長の河野篤史です。
こんな疑問がこの文章を書こうと思ったきっかけです。
クイック車検やメンテナンスパックなど短時間整備が主流となっている今日、
弊社、尼崎モーターがなぜ昔ながらの時間のかかる整備にこだわるのか
お伝えできればと思います。
それは、不況が長引くとある日、あるディーラーの営業マンさんとの会話が発端です。
  • (私)最近、新車の売れ行きどうですか(社交辞令のようなもんです)
  • (営)最近回復してきてますよ。尼モーターさんはどうですか?
  • まぁ、ぽつぽつと、うちのお客さんは修理して長く乗られる方多いから、
    10年、20年乗りはりますからねぇ。
    で、○○(ディーラー)さん、整備の方は?
  • これがまた忙しいんですよ。特に車検が忙しいんですわ。
  • ほう(同業者ですから興味出ますよね)
    忙しいって、いま、だいたい一台どれくらいの時間で車検やってはりますの?
  • 50分です
  • 50分? 一台に? 見積はどうやって出してはんの?
  • 事前に一度来てもらって、軽く見積を出すんです。
    それでオッケーやったら改めてきてもらうんです。
  • ふーん。で、洗車とかはどうしてはるん?
  • 洗車も含めて50分です。お客さん待ってはりますからそのくらいで仕上げないと
  • でも、分解して、整備して、調整して、完成検査して、書類書いて、
    車のなか掃除して、洗車してたらそんな時間じゃでけへんでしょう。
  • だから分業なんです
  • 分業って、あの4人がかりでタイヤひとつづつ持ってっていうあの。
  • そうです。まぁだいたい2人がかりですけどね。
    まぁこれを一組にして1日3台くらいを片付けるわけです。
    この組があと何ラインかあるわけですわ。
  • まさに工場やね。職人さん(整備士)は文句言ってない?
  • 朝から晩までふぅふぅ言ってますよ。
    でも会社からしたら嫌やったらやめてくれということでしょうね。
    まぁ、がんばったらがんばっただけニンジンといいますかエサをね。こうぶらさげて。
    おかげさまで、会社の業績は良いですよ。ハハハ
とまぁ、こんな会話が交わされたのですが、あなたはどう思われました?
朝から晩までタマゴを産まされているニワトリ小屋を連想されませんでしたか?
ただ扱われているのが、
タマゴじゃなくってあなたやあなたの大切な家族を乗せて走るクルマだってことです。
私も経営者の端くれですから、彼らの言い分もわからないことはないですよ。
この不況下に会社を経営していくには、いかに早く入れて、早く出すかのいわゆる回転率、
スピードと、いろんなムダを省いていく効率化。
でもね、そのスピードと効率化はあなたの方を向いているんでしょうかね。
自動車は約3万点の部品から成り立っているといわれます。
鉄やプラスチック、ゴムやオイルなどの部品の集合体です。
それがエンジンに火を焚いて(表現が古いですかね)、暑い日も寒い日も、
10年も20年もあなたとあなたの大切な家族の命を乗せて、黙々と走ってくれます。
ときには100キロ近いスピードで走ったりもしてくれます。
でもそんな部品の集合体も走行が延びれば磨り減っていく箇所もあります。
ゴムやプラスチックの寿命は永久ではありませんよね。必ず硬くなったりヒビ割れたりしてきます。
そして必ず悪さをする。急にとまったり、動かなくなったり、ものすごい音がしたり、
ひどいときには事故につながります。
それを未然にふせぐのが自動車整備業の仕事でありますが、現実問題として考えてみてください。
1時間やそこらでできると思いますか?

どれだけ診てくれているのか?

ところで私、10年くらい前から長年腰が痛いんですね。
休みの日なんて何もしたくないくらいに。で、いろんな病院に行きました。
延々と待たされた挙句、レントゲンまで撮って「骨には異常ないですね。疲れじゃないですか」
なんて答えはザラ。
ひどいのは「うーん、シップ出しておくんでしばらくしたら、また来てください」
(誰が来るか。痛いんじゃ)。
筋肉が原因なのか骨なのかがわからないわけです。でも痛い。
10件近い病院探しが続いたあと、ある先生がレントゲンをひと目見るなり
「軽いヘルニアかもしれませんね。МRIを撮ってみて、それで診断しましょう」。
診断の結果は、軽いヘルニア。
薬をいただき、いまは痛くない。
じゃあ、いままでの10件近くの医者はレントゲンを撮って何を見ててん!
お医者さんと、クルマの修理屋は、並べるのは変ですが、私は似ているとも思います。
お客様(患者さん)のお申し出があって、その原因を調べて、原因を取り除く。
お医者さん(整備士)は、入りたての子より経験豊富なベテランのほうがいい、
そしてなによりもお客様(患者さん)のことを第一に考えてくれる人がいい。
でもなかなかいませんね。そんな人。
多くがスピードと効率第一の儲け主義なんでしょうか。

診断に時間をかける

尼崎モーターは、診断と見積にかなりのお時間をいただいております。
うちの職人が1台のクルマを診ている間に、ディーラーでは1台クルマが仕上がっていることでしょう。
なんと非効率なことかもしれませんが、
親父(会長)も、私も、職人もこれが正しいと思って続けています。
そのくらい時間をかけて診ないとウソです。
短い時間で、どこの何を見ることができるのでしょう。
どんな整備と調整をしているというのでしょうか。
スピードや効率より、見落としや作業ミスを発生させないことのほうがよっぽど大切です。

優先順位のある見積

「診断に時間をかけるってことは、いろいろアカンとこ書き出して、
 替えんでもええとこまで替えろとか言うんとちゃうの?」
と思われました?
でもね、寅さんじゃないですけど「それをやっちゃおしめえよ」ですわ。
確かに多くの部品の集合体であるクルマは、走った距離、年数や暑さ寒さの経年劣化などなど、
どんどん痛んでくる箇所は出てきますが、修理屋の言うがままになんでもかんでも
替えさせられるのは大間違い。財布がいくらあっても足りませんよね。
大事なのは、その部品があとどのくらいもつのかという寿命を知ることです。
車検ひとつとっても、「保安基準」という国が定めた、道路を走るための一定のレベルといいますか、
安全の基準がありまして、その基準を満たさないと車検には合格しないのですが、
かといって何でもかんでも新しい部品に替えないといけないものでもありません
(窓ガラスが割れているとかいうのはもちろん替えないといけませんよ)。
大切なのは、
「今現在、車検の基準を満たすブレーキの残量がありますが、
 あと○○くらいで磨り減ってしまうと思われますので、それまでに交換したほうがいいですよ。」
という情報を得ることです。
走っててブレーキの効きが悪くなったらこわいですよね。
夜中のコンビニでバッテリーがあがっちゃったら嫌ですよね。
そうならないために、
早めに交換をしておいた方がいい箇所を安全と起こりやすい順に知らせてもらい、
ちょびちょびご予算とともに交換していく。
クルマの状態を把握しておく。これだけでもお金はいっぺんに出て行くことが防げますよね。
尼崎モーターが「車検見積」と「ご提案見積」を分けてお出ししているのは
こんな理由からなんです。

わかりやすく説明することが大事

車屋「ですから、○△×□バルブが☆○×していまして、うんたらかんたら」
貴方「?」
車屋「(続き)□○×なので、交換が必要です。よろしいですか?」
「日本語で話せー!」と言いたくなりますよね。
これは整備士さんがお客様に説明するときに陥りがちな話です。
全部専門用語で何をいっているのかもわからない。
その部品を替えないとどうなるのかさえ専門用語。
これではさっぱりわかりませんね。
いかにわかりやすくご説明することができるか。
人間の身体に例えたり、身近なものに例えたりしながら、イメージをしていただき、
納得のいくまでていねいにご説明する。
簡単なようでこれがなかなか難しい。
私たちも日々努力中です。

あなたのクルマ誰が整備してるか知っていますか?

指定整備記録簿という大きなA3大の紙があります。
車検をしたときに必ず書かなければいけない用紙です。
その下のほうの欄に、整備者名や検査員名が書いてあるかと思います。
あなたはその人にあったことがありますか?
車検ごとにその紙を書かないといけませんので、
何年も車検を経ているクルマには何枚も積んであるはずです。
年月順にその用紙を並べてみてください。そしてその名前をみてください。
同じ人でしたか?
毎回毎回ちがっていましたか?
その人と話したことがありますか?
几帳面な人でしたか。気さくな人でしたか?
ベテランのおじさんでしたか。若いお兄ちゃんでしたか?
その方は、あなたとあなたのクルマのこと覚えていてくれていますか?
いまでもそのお店にいておられますか。転勤されていましたか。
なに、もう辞めていなかったですか?
あなたはその車検ののち、1年ないし2年間その方が整備してくれたクルマに乗って、
お子さんやお孫さんを乗せていっしょにドライブを、
ときには買い物に、ときには高速でお出かけされます。
どうお感じになられましたか。
非効率でもいい、
一台一台、命を預かっている気持ちをもって真摯に取り組むことが大事だと
私は強く思います。

整備の保証がちがうんでしょ。よくみてください。同じです。大切なことはウラに書いてある?

「だって(ディーラーとは)整備の保証がちがうんでしょ。」
と思っておられる方が案外多いですね。
さきほど出てきた指定整備記録簿の裏面を見てください。
整備した箇所についての瑕疵(失敗)についての保証です。
誰もあまり詳しく言ってくれませんが、
もしあなたが何の部品も替えずに車検を通したとして、その後事故をしても何の保証もありません。
あくまでもやった整備箇所についての保証なんですよ。
車検はその後の整備保証を兼ねているわけではありません。
車検証の裏面を見てください。えっ、初めてご覧になられましたか。
そうなんですよ。なんでも大切なことはなぜか裏面に書いてあるんですね。
ああそれと指定整備記録簿の保証欄にハンコがきちんと押されていますか。
この辺までちゃんとしているかどうかがあなたとあなたのクルマのことを今だけでいいのか、
のちのちのことまで考えていてくれているのかどうかの企業の姿勢がわかりますね。

クルマは持っていくもんでしょ。いえいえ。引取やお納めさせていただきます。もちろん、無料です。お客様の時間は大切ではないのか

この10年くらいで、来店型のお店が増えました。
修理や車検、果てはリコールやサービスキャンペーンといった
リコールもどきの製造メーカーの手落ちのやつまで「ご来店くださいませ」。
これは買ってくれたお客さんになんと失礼なことかと常々思っています。
だから尼崎モーターでは、お客様のお家や会社までクルマを引取、お納めするのが原則。
もちろんお代なんてありえません。無料です。
初めてのお客様とかはびっくりされる方もいらっしゃいますが、
爺さんや親父の代からそれが当然と思ってきましたので、私もそう思っています。
よくよく考えると少ない人数で非効率なことなのかもしれませんが、
やっぱりお客さんの時間と労力を使わせるのが商売をしていてご無礼な気がします。
ちなみに代わりの車もご利用無料です。

どうせ、よそで買った車は区別されるでしょ。いえいえ、大歓迎ですよ。

ネットオークションの怪

最近は、特に若い方がインターネットオークションの個人間売買で中古車を買われることが増えました。
私たちのお客さんでもオークションで安く買ってこられて、
整備を見てほしいという方がいらっしゃいます。
ほとんどのクルマがメンテナンスしてなくてボロボロです。
ちゃんと整備したらかえって高くついたということもよくあります。
これはね、売るほうの心理から考えたら簡単なことですよね。
「できるかぎり高く売ったれ、当初だけ文句いわれず返品されへん程度でええわ。」
なんと浅ましいことか。
個人だけじゃなくて、中古車業者でもタチの悪いのがいますね。
あなたが買った後のこと、
あなたが笑顔でクルマに乗っていることを想定されているとは到底思えない。
今日び蔓延している「今だけよかったらいい」という風潮なのでしょうか。
わたしたちが販売しているクルマはほとんどがお客様からの買取車です。
数は多くないですが、新車のときからの修理履歴を把握しています。
お客さんの要望でオークションから探してくる場合ももちろんありますが、
仕入れる前に徹底的に調査します。
それで、ここからが大事ですが、
お客さんに販売する前に徹底して整備してからお渡ししています。
ほかの中古業者が私たちのやっている整備内容をみれば、
「こいつらバカか」と思うほどにです。
確かに儲けは薄くなります。
でもね、売ったらしまいじゃないですもんね。
買っていただいてからが始まりですもんね。
最近中古車を買われた方、気になられたら、さっきから話に出ている記録簿を見てください。
限りなく新車に近い中古車は別かもしれませんが、
あなたがクルマを買った業者、あるいは個人は、
あなたがこの先安心して乗れるために何を替えてくれたかが書いてありますよ。
さて、どうでした?

あんたのとこで買ったやつじゃないから気がねするわ

「あんたのとこで買ったやつじゃないから気がねするわ」。
こんなことをおっしゃるお客さんもいらっしゃいます。
そんなことでお客さんを区別しているくらいやったら商売せんほうがいい。私はそう思っています。
大切なおクルマの耐久年数を延ばすためには、定期的なメンテナンスが必ず必要になります。
変な音、変なにおいは故障の予兆。
早めに整備をすることで、大規模な故障や事故を防ぎ費用を安くすることができ、
耐久年数も格段に延びます。

私たちは、車修理の専門店です。どうぞ、遠慮せんといてください。

お家やお勤め先までの引取、お納めは無料でさせていただいております。
尼崎モーター7つの安心
お客様の声 弊社自慢のお客様にインタビューしました!
image
  • 乗用車からバントラック、
  • 軽自動車まで、さまざまな
  • 用途のサービス代車が
  • ございます。
  • お家やお勤め先まで、
  • おクルマ引取・お納めに
  • 参ります
 
image
新車商談フェア開催中!! ダイハツ工業(株)認定サービス工場 ネッツトヨタ神戸(株)協力店
  • 近畿運輸局長指定民間車検工場
  • ダイハツ工業(株)認定販売協力店
  • 国土交通省認証工場
  • (社)自動車公正取引協議会会員店
  • トヨタカローラ神戸(株)指定
  • あいおいニッセイ同和損保(株)代理店
  • トヨタ自動車(株)認定サービス工場
  • 損害保険ジャパン日本興亜(株)代理店
  • ネッツトヨタ神戸(株)協力店
 
【尼崎・伊丹・西宮・芦屋・西淀川】引取無料 僕らにお任せください。 電話1本で引取に伺います。
サービスに関するご質問・ご相談・お問い合わせ 昭和7年創業	おクルマを通した一生のおつきあい 尼崎モーター 自動車修理と車検の専門店 修理 車検 新車・中古車販売・買取 各種保険取扱 06-6482-1141 月曜日~土曜日 8:30~17:30 メールで質問 info@amagasakimotor.com